保護者の皆様へ

FOR PARENTS

研究会

前へ踏み出す勇気を持ち、大学でさまざまな楽しみ・学びを得よう

酒井 翔子 准教授
専門分野/公法学・会計学 学位・研究業績等

グローバル会計・税法の研究

会計士、税理士、金融系志望をはじめ、航空系、流通系、公務員など、さまざまな進路を目指す学生が集う研究会です。自主的&前向きに、そして何よりも楽しく学び、良き仲間を作ってください。最も大切にしていることは、研究会や課外活動を通じて、一人ひとりが他者に無い自分の魅力や強みに気づくこと。自分を知り、自分に心地よい環境を求め、最適な選択ができることも立派な能力です。「気づき」を大切にして、納得の行く進路に進めるよう、さまざまな場の提供や面談を心掛けています。

  • 研究テーマ/「会計・税務の視点から現代社会を読み解く」。
  • 活動目標/所得税・消費税を中心とする税法・会計の基礎知識を身につけ、社会の実態を学び、現状の問題に 対して考察を得る。身近な問いについて多面的な観点から考え抜くことで、自分なりの価値観を構築。
  • 特徴的な活動/2年次前半はモノポリーゲームを用いた会計取引、事業擬似体験などゲーム感覚で会計センスを 身につける。興味ある論題について資料収集・考察を行い、全学年合同のプレゼン大会を実施。
  • 就職に向けて/実務の第一線で活躍する専門家の方々を招き、就職を意識した講演会を開催。社会人に 求められるスキルやマナーの修得。
  • 2019年度卒業生 卒業論文テーマ/・トランプ税制に関する考察 ・仮想通貨に対する課税の特徴と問題 ・消費課税の国際比較 ・日本消費税改革の背景に関する検討 ・富裕税再導入論の検討
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram