保護者の皆様へ

FOR PARENTS

研究会

経済学や経営学の学びを通じ社会全体の幸せを考えてみよう

森本 孝 教授
専門分野/経済学史・ 経済思想史、教育工学 学位・研究業績等

日本経済研究

近年、コミュニケーション力の重要性が強調される反面、じっくりと考え、意見をもつ力、いわゆる「考える力」が軽視されているようです。本当のコミュニケーション力は「考える力」に支えられるべきとの考えのもと指導します。経済学を学ぶと、人々が関係し合って社会ができていることがわかります。社会全体が幸せになる方法を考えてこそ、自分の幸せも実現できることを実感するでしょう。社会の幸せを考えられるようになると、その先に、大学での「学び」の楽しさが開けてくるはずです。

  • 研究テーマ/日本経済研究:日本経済が直面するさまざまな問題とその解決策を経済学を使って自分の頭で考える。
  • 活動内容/身近な経済問題について思考したり議論したりすることを通じ、経済の仕組みと不思議について学ぶ。
  • 特徴的な活動/毎回のゼミで、最新の新聞記事を取り上げて、ゼミの仲間と一緒に読んで徹底的に議論。 その他、新聞を読む力、時事問題への関心や興味を養成。論理的な文章を書く機会、人前で発表する機会、 グループで議論する機会を多く設定。
  • 就職に向けて/就職に必要な情報提供などサポートに注力。自分の選んだ業界や企業を研究しレポートを作成。
  • 2019年度卒業生 卒業論文テーマ/・リーマンショックの教訓と日本経済の現状 ・日本の生活保護制度の現状分析と今後の課題 ・チケット不正転売禁止法によってチケット転売問題は本当に解決するのか ・紙の本の未来 ・日本のキャッシュレス決済の現状と課題 ・QRコード決済の現在と将来 ・日本のプラスチック政策の現状と今後の改善策について ・米中貿易戦争の原因と両国の政策に関する一考察 ・中日両国間の電子通信産業の貿易の現状及び今後の発展の見通し ・キャッシュレス化が日本経済に与える影響 ・少子高齢社会の進展と日本経済 ・日本における外国人単純労働者受け入れ問題と対策 ・中米貿易戦争の政治経済分析
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram