保護者の皆様へ

FOR PARENTS

研究会

データの統計的な分析や利用方法をマスターしよう

古山 徹 准教授
専門分野/経営分析 学位・研究業績等

データに基づく経営と戦略

「データを使うこと」に主眼を置く研究会です。意思決定のために必要な情報は、データを基に作られます。物事の高低や良し悪しをより明確にするために、ビジネスの世界では数値を使った説明は不可欠です。そのような情報の元になるデータの扱い方、データから情報を作り出す方法を身につけることがこの研究会の目的です。さまざまなスキルを修得しながら、データを探し加工し表現する。データの統計的な分析や利用方法などもマスターし、企業にとって魅力的な人材に成長しましょう。

  • 研究テーマ/企業のデータ、日本や外国のマクロデータなど、データに基づいた経営や戦略などの評価。
  • 活動内容/探す=データを探して入手し、データベース化。作る=使いやすい形に加工、合成処理。データハンドリ ングを修得。分析・表現する=データを分析し、グラフ化するなどデータに語らせる技術を修得する。
  • 特徴的な活動/企業や業界のデータを用い、毎回エッセイ形式で企業を評価して発表。経験を重ねることで、文章 力やプレゼン力の向上を狙う。
  • 修得スキル/関数・マクロ、アドインソフトを学修し、Excel中級以上の使い手に。データのグラフ化とプレゼンテーション。
  • 就職に向けて/企業の即戦力として、データの所在を理解しデータで表現できる力を養成。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram